杜撰

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです。


132「杜(ず)撰(さん)」

●まちがいが多く、いいかげんなようす。


♪「あの橋がこわれそうだ」

♬「えっ、あのがんじょうそうな橋が?」

♪「そう。できてから、まだ何年もたっていないのにね」

♬「危ないなあ。きっと、工事が杜撰だったんだな」

中国の北宋の詩人、杜黙(ともく)の詩には規則に合わない作り方が多かったことから、

この言葉が使われた。

「撰」は詩や文などの作品、「杜撰」は杜黙の作品の意味。


りり鍼灸院 東京都築地2丁目

070-6421-1075



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示