弱肉強食


本日のことわざです。


●弱い物の肉を、強いものが食べる。

●弱いものがほろび、強いものが栄えることのたとえ。

こちらも中国からきた言葉です。

本当に昔の中国は知恵、知識、礼の宝庫ですね。

 「弱の肉は強の食」唐の時代の文人、韓愈(かんゆ)が、旅に出る僧侶の文暢(ぶんちょう)へ送った言葉です。そしてこの言葉には続きがあります。


動物の世界では、いつも「敵に狙われている」という緊張感のなか生活をしなければならないが、

私たち人間は、ゆっくりと食事をしたり、友達と楽しく過ごしたりできる。

それは人間界には、礼節があるからだ。


弱いものいじめの名分のように使われますが、本来の意味は

弱いものを迫害してはならない。という決まりごとがあるから、のんびり生きられるという意味なのです。


りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示