白羽の矢が立つ

こんにちは、りり鍼灸院です。

本日のことわざは、意味を知ると少し怖いです(>_<)。


127「白(しら)羽(は)の矢(や)が立(た)つ」

●神が放った白い羽の矢が、屋根の上につきささるということ。

●多くの人の中から特に選びだされることのたとえ。

 神が、いけにえとして選んだ少女の家の屋根に、印として羽根の矢をたてるという言い伝えから。

 いけにえとして選ばれるのは、なんだか犠牲者のようですが、神のつかいとしての解釈もあるので、「今度のドラマに主役で大抜擢!」というふうに使うと、悪い意味合いはなくなります。

 本来は、悪い意味や喜ばしくない言葉でしたが、時代とともに「大勢の中から選ばれる」という意味で使われるようになってきました。

りり鍼灸院 東京都築地2丁目

070-6421-1075



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示