木に竹を接ぐ


 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

今日のことわざは私も初めて知りました^_^; 



74「木(き)に竹(たけ)を接(つ)ぐ」

●木に、種類のちがう竹をつぎあわせる。

●つり合いのとれないことや、前と後で筋が通らないことをするたとえ。


「竹を木に接ぎ木する」ということからきています。

接ぎ木とは、土台の木に性質の似ている種類の違う木をさすことにより、弱い木を強くしたり、数を増やしたりします。

木と竹はまったく違う性質なので、木に竹を接ぎ木してもふたつがなじむことはなく、ちぐはぐになります。

そのことをたとえに、

「前に言ってたこととちがい、なんだか話のつじつまが合わないなあ」

「図工のしゅくだいの絵が、人物は自分でかいたけど、けしきは親に手つだってもらったから、ちぐはぐだ」

という場合に使います。

あまり良くない意味ですので、使う時は注意をしましょう


りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*) 本日のことわざです。 126「知(し)らぬが仏(ほとけ)」 ●いやなことが起こったとき、なやんだり、おこったりするけれど、知らないでいると、仏様のようなおだやかな気持ちでいられる。 〇本人だけが知らない、平気でいる時に使うことば。 ♪「あれっ、鈴木君、国語の教科書を机の上に置いて、校庭へ遊びに行ったよ」 ♬「一時間目は、算数のテストなのに」 ♪「ははあ、今