犬猿の仲

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです。


91「犬(けん)猿(えん)の仲(なか)」

昔から、犬と猿は仲が悪いとされていることから、仲が悪いことのたとえ。

この言葉の由来はいくつかありますが、その一つをご紹介しますね!

「十二支の順番は、元旦に神様のところにあいさつに来た順とされていました。

出発したときは猿と犬は仲良しでしたが、途中でケンカしたことによって猿は9番目、犬は11番目に神様の所に着きました。それから、猿と犬は非常に仲が悪くなったと言われています。」

犬と猿の間に鶏がいるのは、ケンカを止めようとしてくれたからです。


お友達とケンカをしたら「仲直りしたい」と伝えましょう☆

でないと、こんなにながく語られるようになりますから^_^;


りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示