十人十色

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

しばらくことわざブログを休んでいまししたが、今日からまた再開しますね!


「十(じゅう)人(にん)十(と)色(いろ)」


〇十人いれば、その一人一人の顔や形がちがうように、人はそれぞれちがった好みや考え方をもっている、というたとえ。

・十色は「とういろ」ではなく「といろ」と読みます。

〇「この店は料理の種類が多いね」

△「はい、いろいろ取りそろえています」

□「人気のあるもの、二つか三つでいいんじゃない?」

△「いえ、お客さまも十人十色ですので、それぞれの好みに少しでもあわせられるように用意しております」

〇「なるほど。だからこの店ははんじょうしているんだ」

りり鍼灸院 東京都築地2丁目

070-6421-1075



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*) 本日のことわざです。 126「知(し)らぬが仏(ほとけ)」 ●いやなことが起こったとき、なやんだり、おこったりするけれど、知らないでいると、仏様のようなおだやかな気持ちでいられる。 〇本人だけが知らない、平気でいる時に使うことば。 ♪「あれっ、鈴木君、国語の教科書を机の上に置いて、校庭へ遊びに行ったよ」 ♬「一時間目は、算数のテストなのに」 ♪「ははあ、今