五里霧中

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざは漢字のみ!


102「五(ご)里(り)霧(む)中(ちゅう)」

●五里四方に霧が立ちこめて、何も見えないということ。

●何をどうしたらいいのか、見込みがたたなくて困っているようすをたとえたことば。

中国での一里は約500m 四方は自分の周まわり

昔、中国の張楷(ちょうかい)とう人は、世間に出るを嫌がり、人に会いたくないときは五里四方に霧を起こす術を使い姿をくらましたという。

もともとは自分の姿をかくすものでしたが、現在のように使われるようになりました。

「ごりむ」と「ちゅう」で区切って読みます。

    

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示