眉間のしわ


 こんにちは、りり鍼灸院です。

昨日は福島県いわき市へ行って来ました🚅

初いわきはお天気もよく、海と山が一度に見れる電車からの景色もサイコーでした!!

そんなサイコーのいわきで沢山の女性とお話しし、お悩みを伺ったのですが、一番多かったのが

「眉間のしわ」

でした。

これはいわき市だけでなく、全国的なお悩みなので、本日は

「これやったらしわできるよ!」 「こうしたら徐々にうすくなるよ!」

というお話をしたいと思います。

 まず眉間のしわのできる原因ですが、表情、乾燥、皮膚の弾力の低下、などがよく言われますが、

ほっとんどの方は表情からできるしわです。

よく私が使う言葉に、「眉間をひろげる」という言葉があるのですが、(以前のブログで出たのは喉をひろげる、でした。(^.^))

細かい字を見るときに目を細めていませんか?この癖が眉間にしわが入ってしまう原因ですよね(^_^;)

なのでその癖をなくすため、反対に

○瞼を上げ目を大きく開けてください。

そこから徐々に瞼をもとの位置に戻すと字が見えやすくなります。

(この時、あくまでも瞼をあげてください!眉毛をあげないでください!!眉を上げると次はおでこのしわになっちゃいます💦💦)

お友達とお話ししているときも眉間を広げながら。考え事をしているときも眉間を広げながら。お茶碗を洗う時も眉間を広げながら。

この眉間を 広げる=瞼を上げる ですが、上眼瞼挙筋という瞼を上げる筋肉を鍛えることになるので、加齢とともに下がってきた瞼もあがり、目元がスキッリします(^'^)

○乾燥もしわの原因になりますので、紫外線対策と、保湿を忘れないでください。

○しわを作る筋肉をマッサージします。

親指と人差し指で眉軽くつまみます。(気持ちいい位の強さで)

眉を内側に寄せる筋肉、皺眉筋(すうびきん)のコリをほぐします。

できてしまったしわも諦めず普段の癖をなくして一つずつお悩みを解消していきましょう!

りり鍼灸院

東京都中央区銀座2-14-5SANKOビル501

03-6264-7338


閲覧数:124回0件のコメント

最新記事

すべて表示