歯と笑顔のお話し


 こんにちは、りり鍼灸院です ( ◠‿◠ )

毎朝の通勤時間に色んな本を読むのですが、先日「これいいよ!」とお勧め頂いたのが

女性の歯科医師が書かれた、歯と笑顔に関する本でした。

歯の磨きかたや栄養やアンチエイジング

(抗加齢、抗老化。老化を遅らせるという意味です)

虫歯や歯周病のお話しもすっごく分かりやすく解説してくださり、とても勉強になりました!!

(今私の鍼灸院にあるので、気になる方はりり鍼灸院へ♪とちょっと呼び込みも(^^))

全部は紹介できないので、鏡があればいますぐ出来るものをひとつ、、、

✧✧美しい笑顔のルール✧

○口角が左右対称に上がっている。(口角は唇の端です。口チャックの始めと終わりのとこ)

○上の歯と歯ぐきの境目に上唇が重なっていて、下の歯は見えない。

○うえの歯の真ん中から数えて、左右とも5番目まで見える。

以上です。 いかがでしょうか?

 私は子供の時にかくれんぼをしていて、隠れるのに必死すぎ上唇を強打したことがあります。

それから笑うと上唇が変な形?上がり方?をするようになり、生まれて数年で笑顔コンプレックスになってしまいました(◞‸◟)。 (関西人にとってこれは死活問題ですよ!)

それから笑うときは口元に手を当て唇が見えないようにしていました。日本人なので違和感はないかもしれませんが、小学生らしくはないですね。

でもここ数年一人で爆笑とかしていると(もちろんテレビやラジオのまえですよっ!)

やはり色んな筋肉を使い大きく笑うのは気持ちがいいな~

と思い手を当てる癖を徐々に無くし、上唇も変な形にならない研究、練習をし、今では毎日笑顔でストレスフリーな日々を送っています(^^♪

みなさん色んな癖やコンプレックスがあると思いますが、出来ることから始め、専門的なところはプロに任せ素敵な笑顔を取り戻しませんか?

年を重ねるとお顔や体に変化が現れます。(これがホントのオイルショック!っと仰っていた先生がいましが、、、超余談です)

私は口腔の専門ではありませんが、口角の上りや噛み合わせなど筋肉に関することであればアドバイスできますので、今日から一緒にお口周りからのアンチエイジングも取り入れてみましょう!

キレイのサポートを致します!  

りり鍼灸院

東京都中央区銀座2-14-5SANKOビル501

03-6264-7338


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*) 本日のことわざです。 126「知(し)らぬが仏(ほとけ)」 ●いやなことが起こったとき、なやんだり、おこったりするけれど、知らないでいると、仏様のようなおだやかな気持ちでいられる。 〇本人だけが知らない、平気でいる時に使うことば。 ♪「あれっ、鈴木君、国語の教科書を机の上に置いて、校庭へ遊びに行ったよ」 ♬「一時間目は、算数のテストなのに」 ♪「ははあ、今