鶏口と為るも牛後と為るなかれ

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです。


88「鶏(けい)口(こう)と為(な)るも牛(ぎゅう)後(ご)と為(な)るなかれ」

●鶏(にわとり)の口になってもいいけれど、牛のしっぽにはなるな。

●大きい集団の最後についているよりも、小さな集団の先頭に立ったほうがよい、というたとえ。


♪「大きな会社をやめたそうね」

♬「そう、思いきってやめた」

♪「もったいないなあ」

♬「いや、そのかわり、小さな会社を作るんだ」

♪「小さい?」

♬「そう、鶏口となるも牛後となるなかれだ。そのほうが自分を十分に生かせるよ」


中国の「史記」にある言葉で、短く「鶏口牛後」ともいいます。

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示