鵜吞みにする

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^-^*)

本日はこちら☆


41「鵜(う)吞(の)みにする」

●鵜が魚をまるごと飲みこんでしまう。

●良いか悪いか、当たっているか当たっていないかを自分でよく考えないで、

そのまま受け入れてしまうたとえ。


鵜は魚をとる時、つついたりかんだりしないで、まるごと飲みこんで

しまいます。

それと同じように、

うその話かもしれないのに何もうたがわず信じてしまうことを言っています。

よく言えば素直な性格。しかしだまされやすい(+o+)


なのでこれからは疑う顔はせずに

「ちょっと確認するね!」と言ってからよく考えてみましょう♪

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示