鵜の真似をする烏

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです♪

40「鵜(う)の真(ま)似(ね)をする烏(からす)」

●カラスが魚をとる鵜のまねをして水の中に入りおぼれてしまう。

●自分の力や才能を考えないで、他人のまねをして失敗すること、のたとえ。

鵜(う)という鳥は水の中にもぐって魚をとるのが大得意!

ぎふ県のながらがわは「鵜飼い(うかい)」というのが有名で、

鵜が水中で魚をとってきて飼い主がその魚を口からだす、という漁法です。(鵜は別にあとでエサをもらいます)


夜の川面に火をたきながら行うのでとても幻想的だそうです☆

日本の一つの伝統芸能ですね♪


りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示