雉も鳴かずば撃たれまい


 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

今週のことわざですね。


73「雉(きじ)も鳴(な)かずば撃(う)たれまい」

●きじはおとなしくしていればいいのに、鳴いたりするから、すぐに人間にみつかってうたれてしまう。

●余計なことをしなければ、災難にあうことはない、といういましめ。

きじの声は高いので、まわりによくひびく。


ながの県の犀川(さいがわ)のとても悲しい民話にもなっています。

(悲しくつら過ぎてここに書けません。。。(/_;))

これからの長い人生、自分から何も言わずにいれば、わざわいをこうむることもないという教えです。

みんなとのおしゃべり中に、そこに居ない人のうわさ話しがはじまれば、そっと抜けだすか、何も言わずお地蔵さまのように半目で無言でいましょう。

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示