雀百まで踊り忘れず


 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです。


134「雀(すずめ)百(ひゃく)まで踊(おど)り忘(わす)れず」

●ぴょんぴょんとはねている雀は、年をとっても相変わらずぴょんぴょんとはねている。

●小さい時に身につけた習慣は、年をとってもかわらないものだ、というたとえ。

♪「あなたは、歌が好きね」

♬「えっ、どうして?」

♪「歩いてる時も、仕事をしている時も、口ずさんでいる」

♬「そういえばそうね。くせになっている」

♪「楽しくていいわ」

♬「お母さんの話では、二才ぐらいからのときから口ずさんでいるらしい。何をするにも歌と一緒」

♪「雀百まで踊り忘れずね。すてきなことだわ」

りり鍼灸院 東京都築地2丁目

070-6421-1075



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示