背に腹は代えられない

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです。


137「背(せ)に腹(はら)は代(か)えられない」

●大事な内臓が入っている腹を、背中の代わりにするわけにはいけない。

●大切なものを守るためには、ほかのものが犠牲になってもしかたがない、というたとえ。

もとは、たたかれるときに、お腹をかかえこんで守り、背中で痛みを受けるようすからできた言葉です。

♪「主役が病気になったんだって?」

♬「そうなんだ。突然・・・」

♪「困ったことになったね」

♬「しかたがないので、代役を立てる」

♪「えっ!だいじょうぶかな」

♬「心配だけれど、公演を続けるためだ。背に腹は代えられないよ」


りり鍼灸院 東京都築地2丁目

070-6421-1075



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示