縁の下の力持ち


今週最後のことわざです。


49「縁(えん)の下(した)の力(ちから)持(も)ち」

●縁の下の土台は、見えない所で大きな家をささえている。

●人に知られない所でみんなのために力をつくしていること。

 また、そのような人をたとえることば。


この「縁」ですが、漢字のイメージで縁側の下を支える、家を支える部分だと思われがちですが、

実は、「たるき」という屋根のかわらや板を支える部分を指しています。

雨を防げるのも、お誕生日のケーキにロウソクを灯せるのも屋根があり、

その屋根を支えるたるきがあるからなのですね(*^-^*


りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*) 本日のことわざです。 126「知(し)らぬが仏(ほとけ)」 ●いやなことが起こったとき、なやんだり、おこったりするけれど、知らないでいると、仏様のようなおだやかな気持ちでいられる。 〇本人だけが知らない、平気でいる時に使うことば。 ♪「あれっ、鈴木君、国語の教科書を机の上に置いて、校庭へ遊びに行ったよ」 ♬「一時間目は、算数のテストなのに」 ♪「ははあ、今