窮鼠猫を嚙む

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです。


77「窮(きゅう)鼠(そ)猫(ねこ)を嚙(か)む」

●猫に追いつめられた鼠(ねずみ)が猫にかみつくということで、追いつめられて必死になれば、どんなに弱いものでも、強いものを打ちやぶることがある、というたとえ。

「窮鼠」は追いつめられて逃げ場を失ったねずみ。


〇「あと一敗で番付が落ちてしまう」

△「今日の相手は全勝の横綱だよ」

〇「とても歯が立たないなあ。いままで一度も勝ったことがない。まるで大人と子供だ」

△「なにしろ横綱は強すぎるからね」

〇「でもかんたんには負けられない。窮鼠猫を嚙むということもある。横綱を土俵際までおいつめてみせるぞ!」


人生や学校生活でも、弱いものを追いつめてはいけない。

というおしえです。

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示