犬も歩けば棒に当たる

更新日:2021年4月7日

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

今週もことわざを紹介していきますね♪


34 「犬(いぬ)も歩(ある)けば棒(ぼう)に当(あ)たる」

●犬がふらふら歩いていると棒でバシッと叩かれる。

●出しゃばってよけいなことをすると、おもわぬ災難にあう。

●じっとしていないでいろいろ行動すると思いがけない幸運にめぐりあえる。

本来は先の二つのように、出しゃばるのは良くないよいうような意味でしたが、今はどちらかというと、三つ目の例のように「行動をおこそう!」という意味で使われています。


今はほとんど見ないですが、むかしはのら犬が普通に歩いていました(^O^)。

開けっ放しのドアから(それも今はありえないですが(^-^;)玄関にあるクツを片方持って行ったりするので、いたずら防止に大人に棒でおいはらわれていたのです💦

そんな犬もすごく自由に走り回ってる時代もありましたね。

子供は追いかけられるので怖いですが、おとなしい犬とは一緒に遊べるので楽しかったものです。


りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示