牛に引かれて善光寺参り

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

今日のことわざです。

37「牛(うし)に引(ひ)かれて善(ぜん)光(こう)寺(じ)参(まい)り」

●牛を追いかけていったのがきっかけで、善光寺をお参りするようになった。

●自分の考えではなく、思わぬことから良いことにめぐりあい、熱心になる。


 むかし、おばあさんが庭で布をほしていたら一匹の牛が入ってきて、布を角に引っかけて逃げた。

 おばあさんは一生けん命追いかけたところ、牛は長野県の善光寺の中に入った。

同じように中に入ったおばあさんは善光寺がりっぱなお寺であることをはじめて知り、

それ以来、仏を拝みにたびたび善光寺を訪れるようになった。


今まで信仰心(神様はいないと思っていること)のなかったおばあさんが、牛に導かれて行くつもりのなかった善光寺へいき、信仰心があつくなったのです。

そして亡くなったあと神さまにみちびかれ天国へいくことができました☆

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示