案ずるより産むが易し

こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日がほんとうの「あ」行最後になります。


16「案(あん)ずるより産(う)むが易(やす)し」

 赤ちゃんを産む前はどんなにかたいへんだろうとあれこれ心配するけれど、じっさいに産んでみるとそれほどでもない場合もある。

 何事も始める前はよくできるか不安になるものだが、じっさいにやってみると思ったよりたやすかった。 

心配しすぎないよう相手をはげますときにも使います。


とび箱を飛ぶ前は「ほんとうに飛べるか?」「足が引っかからないか?」

などいろいろ心配すると思います。

しかし、いざ飛んでみると意外とたやすかったりします。

それは走り出す前にじゅんび運動や、脚を開いたり手をつく位置をイメージしたりするからですね!


さて、じっさいの出産は非常に大変です。 お母さんは命がけで赤ちゃんを産みます。

なのでそうとうに不安になります。

でもそのじゅんびとして、早寝早起や栄養のある食事、ほどよい運動などをお父さんとお母さんがいつもしていれば心配はへります。


心配はかならずしますが、日ごろのじゅんびがあれば大丈夫なことが多いです(^_-)-☆

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目14-6

070-6421-1075


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示