少年老い易く学成り難し

 こんにちは、りり鍼灸院です。

今日のことわざは漢字が多いですね!


123「少(しょう)年(ねん)老(お)い易(やす)く学(がく)成(な)り難(がた)し」

●少年だとおもっていても、あっという間に年寄りになってしまい、学問を十分に身に付けるのは難しい。

●少しの時間もむだにしないで、学問にはげみなさい、という教え。


♪「おじいちゃん、年はいくつ?」

♬「八十五」

♪「ふーん、じゃ、長い間勉強してきたので、何でも知ってる?」

♬「いやいや、知らないことだらけだ。勉強しようと思いながら、あっという間にこの年に   

 なってしまった。少年老い易く学成り難しだな」


中国の詩にあることわざです。

この後に

「一寸の光陰軽んずべからず(いっすんのこういんかろんずべからず)」

と、やはり「少しの時間もむだにしてはいけない」という言葉が続きます。


りり鍼灸院 東京都築地2丁目14-6

070-6421-1075



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*) 本日のことわざです。 126「知(し)らぬが仏(ほとけ)」 ●いやなことが起こったとき、なやんだり、おこったりするけれど、知らないでいると、仏様のようなおだやかな気持ちでいられる。 〇本人だけが知らない、平気でいる時に使うことば。 ♪「あれっ、鈴木君、国語の教科書を机の上に置いて、校庭へ遊びに行ったよ」 ♬「一時間目は、算数のテストなのに」 ♪「ははあ、今