壁に耳あり障子に目あり

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

毎朝セミの合唱で目が覚めます。


64「壁(かべ)に耳(みみ)あり障(しょう)子(じ)に目(め)あり」

●ないしょ話しをするときには、となりの部屋から壁に耳をつけて聞いている人や、障子に穴をあけてのぞいているひとがいるかもしれないので、注意したほうがいい。

●どこでだれが聞いているか見ているかわからないから、注意したほうがいい、のたとえ。


◦うわさ話し、悪口は言わない(';')。

◦お金の貸し借りはしない(';')。

◦宝くじが当たってもその場で家族に電話で報告しない(';')。

これらを守ればトラブルはさけられるでしょう(^_-)-☆


りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示