井の中の蛙大海を知らず

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

35「井(い)の中(なか)の蛙(かわず)大(たい)海(かい)を知(し)らず」

●せまい井戸の中にすむかえるは、そとに大きな海があることをしらない。

●自分だけのせまい考え方にとらわれ、ほかに広い世界があるのを知らないで得意になっていること。

「井」は井戸。「蛙」はかえるの別名です。


中国由来のことわざで、

「井戸の中の蛙と海のことを語ることはできない。なぜなら海を知らないから」

この部分だけだとマイナスな言葉にきこえますが、

日本にはいってきたに時つけ足された言葉があります。

「されど空の蒼(あお)さを知る」

これは、暗くせまい井戸にいたからこそ、空がいかに青いかよくわかる。

ということです。


現代ですと、

ほかの分野はよくわからないが、自分の専門はだれにも負けないくらい詳しい!

とプラスの表現になりましたね(^^)v

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示