五十歩百歩

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです。


101「五(ご)十(じゅっ)歩(ぽ)百(ひゃっ)歩(ぽ)」

●五十歩逃げても百歩逃げても、たいして変わりない。

●どちらも同じようなもので、あまり差のないことのたとえ。


戦場で五十歩逃げた兵士が、百歩逃げた兵士をおくびょう者と笑うのはどうかという、中国の書物にある話し。


逃げた兵士が、同じく逃げた兵士をおくびょう者にたとえているところから、「似たり寄ったり」でたいして優れていない、というマイナスの場面で使われます。

意味を考えずに使うと、相手をけなしてしまうことがあるので、使う時は気をつけましょう。

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示