上手の手から水が漏る

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです。


122「上(じょう)手(ず)の手(て)から水(みず)が漏(も)る

●上手な人でも、失敗することがある。

「上手の手」は、優れた技術をもっている人。

♪「あの、日本を代表するスケート選手が・・・」

♬「コーナーで転んでしまうとはね」

♪「信じられないなあ」

♬「上手の手から水が漏るだ」

♪「僕たちも、得意なものこそよく気をつけるようにしようね」


江戸時代の囲碁や将棋の世界では、七段の免状を持つひとを「上手」、八段の免状を持つひとは「半名人」といい、

九段の免状を持つひとを「名人」とよびました。

名人ほどでなくても、高段位の人が失敗することを、このようにいいました。


りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*) 本日のことわざです。 126「知(し)らぬが仏(ほとけ)」 ●いやなことが起こったとき、なやんだり、おこったりするけれど、知らないでいると、仏様のようなおだやかな気持ちでいられる。 〇本人だけが知らない、平気でいる時に使うことば。 ♪「あれっ、鈴木君、国語の教科書を机の上に置いて、校庭へ遊びに行ったよ」 ♬「一時間目は、算数のテストなのに」 ♪「ははあ、今