さんしょうは小粒でもぴりりと辛い

 こんにちは、りり鍼灸院です(*^_^*)

本日のことわざです。


108「さんしょうは小(こ)粒(つぶ)でもぴりりと辛(から)い」

●さんしょうの実は小さいが、ぴりっとした味がする。

●からだは小さいが、才能や実力がすぐれていて、あなどれないことのたとえ。


♪「一年生が、ぼくたちに試合を申しこんで来たよ」

♬「何の試合を?」

♪「ドッジボールなら上級生には負けないって」

♬「そんないに強いの?」

♪「体は小さいけれど。その技はすごいらしい」

♬「なるほど、さんしょうは小粒でもぴりりと辛いということか」

りり鍼灸院

東京都中央区築地2丁目

070-6421-1075


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示